ケフィアについて

ケフィアヨーグルトが固まらない!やってしまいがちな原因まとめ

ケフィアの種菌を購入して、いざ牛乳パックへ!

36時間後…。

あれ?全然固まってない!もしかして失敗!?

なんていう経験はありませんか?

普段通りにケフィアをつくれば失敗する事は真ずありません。

その理由は、雑菌も繁殖しませんし、そもそも失敗する理由がないからです。

あなたがケフィア作りに失敗してしまうのは、何かしらの原因を自ら作ってしまっているからです。

ここではやってしまいがちなケフィアが固まらない原因について解説しています。

 

温度が一定に保たれていない
ケフィア作りに当たって一番重要なことは、温度を一定に保つことです。

必ずしも温度がぶれてはいけないわけではありませんが、気温があまりにも低すぎる場合は、ケフィアは固まりません。

こちらで解説しているオリジナルケフィアに付属してくるケフィアウォーマーを使用すれば簡単に温度を一定に保つことができます。

関連記事>>>【最新版】ケフィアヨーグルトの種菌おすすめランキング!どのたね菌が一番効果が高いのか

さきほどは気温が低すぎる場合は固まらないと言いました。
逆に夏場の場合はどうでしょうか。

夏場の場合は、ケフィアウォーマーを使用せず放置しておくだけでOK。

その理由は、ケフィアが固まる温度は25℃以降だからです。

そこで心配なのは、夏場の室温。
エアコンを使用していない室温はゆうに30℃を超えるかと思いますが、これも実は問題ありません。

それは、ケフィアの種菌が腐敗菌を防ぐからです。

ですが、栄養面や健康面に問題はありませんが、温度が高い状態でケフィアを作ると少し酸味が強くなります。

発酵時間が短い

ケフィアが固まるのはおおよそ24時間~36時間です。

上記の時間を目安に発酵させることで上手に固まりますが、気温によって発酵時間を変えなければなりません。

さきほど、低い室温は固まりづらいと説明しましたが、冬場の場合は36時間を目安に。

逆に夏場の場合は24時間前後を目安にすると上手に固まります。

冬なのに24時間後に確認しても固まっていないことが多いので注意してくださいね。

ただし、冬場でも36時間発酵させても固まらないことがありますので、その際は48時間以降というふうに、発酵時間を延ばしてみてください。

雑菌の繁殖

上記では、固まらない場合は発酵時間を延ばしてくださいと説明しました。

ただし発酵時間を伸ばす際注意があります。

それは、72時間を起こしても、ケフィアが固まらない場合は、種菌を入れる時に雑菌も混入してしまっている可能性があるということです。

それに関してはケフィア作りに失敗していますので、いくら発酵時間を延ばしてもケフィアは固まりません。

今後、不衛生な状態で牛乳パックや種菌をさわるのはやめましょう。

固まりづらい牛乳を使用している

ケフィアが固まりやすい条件として、脂肪分が多い牛乳という条件があります。

あなたが使用している牛乳は脂肪分はどれくらいですか?

たとえば、濃厚な牛乳と低脂肪牛乳を比較すると確実に低脂肪牛乳の方がやわらかくでき上がります。

もともと他のヨーグルトと比較して柔らかいケフィア。
人によって感覚は違うので、少し柔らかいと全然完成していないと感じるかもしれません。
でもそれは、その柔らかさが完成なのかもしれません。

一番固まらないのは牛乳の種類は、牛乳ではなく乳飲料を使用してしまっている事。
これは特に間違えやすい失敗なのでお気を付けください。

「特濃」と書かれていても、牛乳ではなく乳飲料の場合もあります。

筆者も高校生の時にお使いで牛乳を買いに行った際、乳飲料を飼ってきたことがありました。
その時に親に指摘され始めて乳飲料と牛乳が存在するという事を知りました。

このことを知らない方が多いので、使用している牛乳を確認してみてください。
無脂肪牛乳でも低脂肪牛乳でも、ケフィアは完成しますが「乳飲料」の場合は本当に固まりづらいので注意してくださいね。

ケフィアが気になってしょうがない

これはケフィア初心者あるあるです。

ケフィアを購入した際、どうしてもケフィアの完成が待ちどうしくなってしまいますよね。

そうすると発酵している最中のケフィアを開けたり閉めたり…。

本当に優しく振動を与えなければ良いのですが、その際に振動を与えてしまい、完成がやわらかくなってしまうことがあります。

それだけではなく、開けたり閉めたりすると雑菌が混入してしまう危険性もありますので、ケフィアの中を確認するのは、室温にもよりますが24時間以降、その次は36時間というように、確認は最小限にしましょう。

 

種菌の量が違う

種菌によって牛乳パックに入れる量は違います。

500mlに対して1包という場合、1リットルの牛乳を使用する場合2包入れなければなりません。

ケフィアを作る際は、その種菌の分量を確認してから作るようにしましょう。

 

ケフィアを植え継ぎしている

カスピ海ヨーグルトでもケフィアでも、植え継ぎをする事ができます。

植え継ぎとは「ザルなどで分離したケフィアを牛乳に入れ再度増やす」という方法です。

たしかにこれでケフィアを無限に増殖させることができますが、雑菌の混入によりどんどん固まらなくなっていきます。

雑菌が混入するということは、ケフィアの効果を最大限に受けることができなくなることにつながります。

ケフィアの植え継ぎは、生きている酵母菌がメリットのケフィアを植え継ぎにより、そのメリットを全て台無しにしてしまっているのです。

効果も固さも全てうまくいかなくなるのがこの植え継ぎ。

ですから、毎回新しい種菌を使うことがおすすめです。

おさらい

  • 発酵時間が短い
  • 雑菌の繁殖
  • 固まりづらい牛乳を使用
  • ケフィアが気になってしょうがない
  • 種菌の量が違う
  • ケフィアを植え継ぎしている

上記がケフィアが固まらない主な原因。

普通にケフィアをつくればケフィアが固まらないなんてことはありえません。

たとえ寒冷地であってもケフィアウォーマーを使用すれば温度を一定に保つことはできますし、毎回新しい種菌を使うことで、雑菌の混入も防ぐことができます。

新しい種菌を使用すると言っても、1ヶ月あたり1500円以下なので、市販のヨーグルトを買うよりも非常に安いです。

変なところでケチったりするとケフィアが固まりませんし、最大のウリである効果も全て台無しになってしまいます。

しっかり固まる種菌ならオリジナルケフィアがおすすめ

オリジナルケフィアは、ケフィアの温度を一定に保つケフィアウォーマーがついてきます。

これにより失敗なくケフィアを作ることができるのです。

さらにオリジナルケフィアは日本で販売されているケフィアの種菌の中で、一番善玉菌が多いです。

その理由は、ケフィアの本場ロシアと業務提携し、日本にはないロシア独自の乳酸菌を含んでいるからです。

そして、1ヶ月あたり1500円以下なのでコスパも抜群。

今使用しているケフィアがオリジナルケフィア出ないのであれば、買い換えをオススメします。

筆者もオリジナルケフィアを使用していますが、ケフィア作りに失敗したことがありません。

それでいて乳酸菌も多いのでかなりおすすめです。

筆者が使用しているオリジナルケフィアの販売店はコチラ。