ケフィアについて

ケフィアヨーグルトは市販されていません!食べるには自分で作るしかない

ケフィアヨーグルトを食べようと思ったら、自分で作るしか方法はありません。

なぜ、いろいろなヨーグルトは、市販されているのに、ケフィアだけ販売されていないの?

きっと思うかもしれませんが、それはケフィアの大きな効果によるもの。

なぜケフィアが市販されていないのか解説しています。

ケフィアが市販されない理由

結論から言えばケフィアが市販されていない理由は、日本の食品衛生法という法律に違反してしまうからです。

法律について詳しく説明はしませんが、簡単に言えば、商品を密閉しなければ販売してはいけないという法律。

ここである疑問が浮かび上がることでしょう。

「ケフィアも密閉して売ればいいじゃないか。」

ですがケフィアはそうはいかないのです。

密閉してはいけないケフィアの秘密

生きているから

ケフィアは複数の善玉菌によって発酵し続けています。

ですからケフィアを密閉してしまうと、ケフィアの容器はガスが溜まってしまいその結果、破裂してしまうのです。

ケフィアを販売するのであれば、穴を開けた容器でガスを逃しながら販売しなければなりません。

ですが、こうすると法律違反してしまうので、結果的に市販する事が難しいということになるんですね。

善玉菌が発酵しているという事は、裏を返せば、生きていると言い換えることができます。

つまりこんなに新鮮なヨーグルトはケフィアだけという認識で間違いありません。

市販されていないからこそ、非常に効果の高いケフィアなんですね。

カスピ海ヨーグルトはなぜ密閉される?

市販されているカスピ海ヨーグルトなどが密閉されて販売されていますよね。

ケフィアは善玉菌が発酵しているので、ガスが溜まり破裂すると説明しましたが、なぜカスピ海ヨーグルトなどは破裂せずに市販されているのでしょうか。

その理由はカスピ海ヨーグルトなどは単独発酵と言って乳酸菌のみで形成されているからです。

これは発酵する時にガスが発生しないので、容器が破裂する事はありません。

ですがケフィアは複合発酵と言って「乳酸菌+酵母菌」の2種類の菌が発酵し合っています。

この2種類の発光が合わさることによりガスが発生するのです。

ケフィアが市販されていたとしたら?

密閉された容器で市販する場合、善玉菌の活動を止めなければ破裂してしまいます。

つまり市販されている場合は、善玉菌が死んでいるという事になるんですね。

ケフィアの良いところは善玉菌が生きている状態で腸まで届くこと。

市販されているケフィアは、つまり意味がないということになります。

市販されていないケフィアだからこその効果

酵母菌がイイ!

ケフィアの善玉菌は何と言っても酵母菌の効果の高さにあります。

酵母菌は人間が生命を維持していく上で必要な酵素を生成してくれます。

酵素がなければ人間は生きていくことができません。

酵素の元となる酵母菌を含んでいるケフィアだからこそ、様々な効果を受けることができるんです。

それは、ダイエット補助であったり美肌効果であったり、または、アレルギーの改善であったり。

ケフィアから様々な効果が得られるのは生命の源である酵素を作り出す酵母菌に秘密があったんですね。

酵素ドリンクではダメ?

酵素ドリンクは、酵素が含まれているドリンクですね。

よく断食などに用いられるドリンクです。

たしかに酵素ドリンクには酵素が含まれているかもしれませんが、それは生きているかどうかが分かりません。

その理由は酵素ドリンクにする際に、熱処理をしてしまっているからです。

熱処理、いわゆる滅菌してしまっては、善玉菌も消滅してしまいます。

ですから酵素ドリンクは必ずしも効果があるとは言えないのです。

その点ケフィアは市販されていないので、自分で作るからこそ生きた酵母菌を体内に取り入れることができます。

その酵母菌が酵素を作り出し、酵素ドリンク以上の効果を得ることができるのです。

つまり酵素ドリンクではダメ。

酵素ドリンクにあると言われているダイエットや健康効果を最大限に受けるのであれば酵母菌が含まれているケフィアでなければダメなのです。

誰でもできるケフィアのつくり方

さて、ヨーグルトの作り方をしていますか?

何だか難しそうですよね。

牛乳を用意して、それを謎の方法で発酵させて、熟成させ、何日か待って完成…。

考えるだけで難しそうですね。

ですが、ケフィアは非常に簡単なんです。

牛乳を用意
種菌を入れる
24時間から48時間待つ
たったのこれだけでケフィアヨーグルトは完成します。

それに、牛乳パックの中に種菌を入れるだけなので、わざわざ容器を移し替える手間もありませんし、移し替える際の雑菌も購入しません。

ケフィアは、新鮮に綺麗に手軽につくれるのにもかかわらず、非常に効果が高いです。
知る人ぞ知るヨーグルトこそケフィアです。

 

種菌ってどこで買うの?

ケフィアヨーグルトは市販されていないので、種菌を購入して牛乳に入れ作るしか方法はありません。

ですが、ケフィアの種菌てどこで売っているのでしょうか。

それは通販で購入するという方法が一番良いです。

そして、通常、ケフィアの種菌は7~8種類の善玉菌でできています。

しかしオリジナルケフィアという種菌は7~8種類は善玉菌+ロシア独自の乳酸菌を含んでいるので、日本で一番善玉菌が多いケフィアの種菌となっています。

さらにヨーグルトウォーマーも付いてくるので、牛乳パックに巻きつけるだけで簡単に発酵させることができ、失敗なくケフィアを作ることができます。

もちろん寒冷地でもこのヨーグルトウォーマーを牛乳パックに巻いておくだけで、その他の面倒くさい温度調整は必要なく簡単に作ることができます。

筆者も、毎日オリジナルケフィアを食べていますよ。

オリジナルケフィアの種菌を牛乳パックに入れ、付属のケフィアウォーマーを巻き付けて24時間程度で完成。

こんなに簡単なケフィアヨーグルト、市販のヨーグルトは1つあたり150円程度します。
1ヶ月に換算すると1500円~3000円程度でしょうか。

オリジナルケフィアは、それと同程度の価格対で購入する事ができます。
コスパの高さは、販売されているケフィアの種菌の中で群を抜いています。

それでいて市販のヨーグルトよりも効果が高いので、オリジナルケフィアを一度お試しください。

オリジナルケフィアを知らない方は非常に損していますよ。